POTS and Dysautonomia Japanは体位性頻脈症候群(POTS)やその周辺の自律神経障害(Dysautonomia)の疾患啓発・患者支援・研究推進をめざして活動しています。
POTSは立っていると心拍数が上昇し、動悸や息切れ・めまいやふらつき・頭痛などの症状が現れ、立っていることがつらくなる病気です。自律神経や循環機能の障害によっておこると考えられています。症状が重くなると就学・就労・日常生活が困難になり、社会的サポートが必要になる場合があります。

・体位性頻脈症候群:Postural Orthostatic Tachycardia Syndrome(POTS)(ポッツ)
・自律神経障害:Dysautonomia(ディスオートノミア)


おしらせ

POTSセミナー ~さまざまな原因と診療の最新動向~
第1回起立不耐症・起立性調節障害インターネットアンケート調査のご報告
疾患啓発リーフレット「POTSはじめてガイド」の配布

「立っていられない」「少ししか歩けない」「さらに多彩な症状に悩まされる…」その症状はPOTSかもしれません。疾患啓発のリーフレットを配布しています。


自律神経障害(Dysautonomia)について


NEWS

2022-05-15「就学・就労・日常生活の支援」をアップしました
2022-05-04POTSの概要と症状」「POTSの診断」「POTSの治療」を更新しました
2022-03-17「POTSセミナー ~ さまざまな原因と診療の最新動向 ~」の実施模様とアンケート結果・参加者の声をアップしました
2021-12-27「POTSセミナー ~ さまざまな原因と診療の最新動向 ~」のお知らせ
2021-12-05学会誌「思春期学」の「特集 思春期の起立不耐症」に「起立不耐症・起立性調節障害の課題と解決に向けた啓発」が掲載されました
2021-11-26「Voice#02 病気と仕事 Bさんのケース」をアップしました
2021-09-18「Topics#01 コロナ後遺症とPOTS・起立不耐症」をアップしました
2021-08-27「Voice#01 病気と仕事 Aさんのケース」をアップしました
2021-07-15論文「起立不耐症・起立性調節障害の実態調査分析」が「月刊心臓」に掲載されました
2021-07-07パルシステム東京の「機関紙わいわい」に、当団体の活動を紹介頂きました

一覧をみる


ターコイズブルーリボン

turquoise blue ribbon
ターコイズブルーリボンは体位性頻脈症候群(POTS)や自律神経障害(Dysautonomia)の疾患啓発のためのシンボルマークです。2012年より米国やカナダなどで広く使用されています。


医師・研究者の方へ

起立不耐症研究会

起立不耐症研究会のページにリンクします external-link-symbol