学会誌「思春期学」の「特集 思春期の起立不耐症」に「起立不耐症・起立性調節障害の課題と解決に向けた啓発」が掲載されました

学会誌「思春期学」が「特集 思春期の起立不耐症」を企画下さり、当団体より「起立不耐症・起立性調節障害の課題と解決に向けた啓発」について寄稿し、掲載頂きました。

代表の経験、疾患啓発活動の経緯、定量調査結果、社会の理解につなげるための観点について示しました。

先生方のご指導、第1回起立不耐症・起立性調節障害の実態調査、セミナー時のアンケートにご協力頂いた患者様・ご家族様に、感謝申し上げます。


「特集 思春期の起立不耐症」の各先生の執筆は、一つ一つ丁寧に詳しく書かれており、起立不耐症に対する理解が深まる内容です。

起立不耐症をしっかりした疾患として学ぶ事ができますので、医療従事者や教育関係者をはじめ、ぜひ多くの方に読んで頂きたいと考えています。

このような活動を通じ、疾患の認知向上ならびに、患者様お一人お一人の適切な診療・支援につながることを願っております。

学会誌「思春期学」(令和3年9月発行)
photo_journal_adolescence

学会誌「思春期学」
http://www.adolescence.gr.jp/adolescentology/index.html external-link-symbol