補足:以下は米国で「POTSにおける抗ムスカリン性アセチルコリン受容体抗体の研究」の本調査の参加者をつのるにあたり、自己抗体とPOTSについて説明されているスライドを日本語訳したものです。
参考:Muscarinic Antibodies POTS Research external-link-symbol(動画) Dr. Steven Vernino Dysautonomia International
自己抗体とPOTS

国際自律神経障害の会(Dysautonomia International)
2016 会議 リサーチプロジェクト

UTサウスウェスタンメディカルセンター
スティーブン・ヴェルニーノ医学博士


体位性頻脈症候群(POTS)とは

・自律神経障害の中で最も多くみられる病気
・患者数は米国内だけで50万人以上
・患者の”生活の質”が著しく低下
・起立不耐および生活に困難をきたす以下の症状:
・消化管蠕動不全、吐き気
・疲労、集中力の低下(’ブレインフォグ’)
・発汗・体温調節機能の変化
・病因はまだ特定されていない


POTSの病態・原因

POTSのサブタイプ(様々な病態がある)
・神経障害性タイプ、 高アドレナリンタイプ
・身体機能低下、 慢性血液量減少、エーラス・ダンロス症候群
・片頭痛、脳震盪との関連性
・ウイルス性感染後の発現

自己免疫系の要因が考えられる
・感染やケガの後に亜急性発症するケースがある
・自己免疫疾患は特に若い女性に多い
・他の自己免疫疾患(特にシェーグレン症候群)を併発
・研究では免疫系の活性化が見られた
・自己抗体


神経内科における細胞膜/細胞受容体の抗体 (2016年)
 疾患  関連する抗体
 重症筋無力症  α1 AChR, MUSK
 ランバート-イートン症候群  VGCC
 自己免疫性自律神経節障害  α3 AChR
 ニューロミオトニア(アイザックス症候群、マルファン症候群)  VGKC(Caspr2)
 脳炎  LGI1, NMDA-R, GlyR, AMPA-R, GABA-R, α7 AChR, GluR3
 視神経脊髄炎  aquaporin-4
 小脳変性症  VGCC, mGluR1

神経学的な自己抗体

感度/特異性
・多くの自己抗体は非特異的である(例:抗核抗体)
・抗体検査の最適化は難しい(しかしとても重要である)

臨床での解釈
・抗体検査は診断的価値を与えられるか?
・抗体は病因に関する情報を与えられるか?
・抗体は病気の原因なのか?


抗ガングリオニックアセチルコリン受容体抗体とPOTS

・50%程度は亜急性の広汎性自律神経障害(AAG)である。
・抗ガングリオニックアセチルコリン受容体抗体が高力価(>1.0 nmol/L)
・低力価(<0.1)
・特異性に乏しい(54%は神経学的障害ではない)
・偽陽性は0.5%以下であるが(健常対照群)、患者の3%程度は自律神経障害ではない。

・メイヨークリニックの研究(2007-2009)によると、多くて20% が陽性であると示唆されている。
・正確には5%程度の出現率である;低レベルであり、偽陽性の割合と統計学的な違いはない。
・POTSとAAGは臨床的にはかなり異なる。


他の自律神経に関する自己抗体について

抗β1アドレナリン受容体抗体
・30年前にシャーガス病や心筋症で確認された。
・β1アドレナリン受容体抗体は14人のPOTS患者で検出された。
・この自己抗体は心拍数を上げる(不適切洞頻脈で見られるように)
・まだ研究途上である。

抗α1アドレナリン受容体抗体
・14人のPOTS患者で検出された(生物学的検査)
・部分的にノルアドレナリンの働きを阻害する
・まだ研究途上である(2014年のDysautonomia Internationalの自己抗体研究で実施)

抗”脂質ラフト”抗体
・同定とその意義についてわかっていない。


なぜムスカリン性アセチルコリン受容体を調べるのか


ムスカリン性アセチルコリン受容体抗体(抗mAChR抗体)について

・抗M3抗体 :シェーグレン症候群・強皮症
・胃腸、唾液腺機能に作用する
・抗M2抗体:心拍異常
・抗M1抗体:CFS
・認知機能や自律神経節において中心的役割を果たしている

・抗M3抗体の作用はPOTSやシェーグレン症候群、重複する症状との関連性が見られるため、特に興味深い。
・シェーグレン症候群の患者の多くは自律神経障害も持っている。


予備調査

対象:POTS患者16名と20名の対照患者
手法:免疫蛍光抗体法(最も特異的な抗体検出方法ではない)
結果:
・ほとんどのPOTS患者が1種類以上のmAChR 抗体を保有
・抗M1抗体とブレインフォグ症状との相関
・抗M3抗体を有する患者に異常発汗反応
・抗M2抗体はほとんど検知されず


本調査:抗ムスカリン性アセチルコリン受容体抗体に関する研究調査

目標:
・抗mAChR抗体に関する信頼できる客観的評価法を開発する
・今回調査する特定の抗体を、POTS患者が保有しているかどうかを確認する
・大規模なPOTS患者のコホートを調査することで、対象となる抗体と患者の病態タイプとの関係を調べる


⇒POTSにおける抗ムスカリン性アセチルコリン受容体抗体の研究について(1)にもどる