【御礼】本講演会は無事に開催・終了することができました。参加者の皆様、ご支援・ご協力くださった皆様、リーフレット・募金にご協力下さった皆様に心から御礼申し上げます。

起立不耐症は症状が重くなると就学・就労・日常生活が困難になる場合があります。3/4(日)の起立不耐症 医療講演会 2018では起立不耐症およびその周辺症状について正しい理解と最新の知識を学び、今後の診療・支援につなげることを目的として、3名の専門家にご講演いただきました。
たくさんのお申し込みをいただき参加できない方が多かったため、起立不耐症 医療講演会 2018のビデオ上演会を行なうことに致しました。患者・ご家族の皆様、医療関係者、教育関係者、福祉関係者、行政機関の皆様のご参加を心よりお待ちしております。


起立不耐症 医療講演会 2018 ビデオ上映会

~ 起立不耐症・起立性調節障害の正しい理解と新しい知見 ~

【日時】
2018年4月15日(日)14:00~17:00(開場13:30)

【場所】
東工大蔵前会館 1F ロイアルブルーホール
http://www.somuka.titech.ac.jp/ttf/access/index.html
(〒152-0033 東京都 目黒区大岡山 2丁目12-1 東工大蔵前会館 1F ロイアルブルーホール)
■ 東急 大井町線・目黒線 大岡山駅から徒歩1分

【プログラム】 ビデオ上映 口頭セッション

・開会あいさつ

起立不耐症の概要 = 診断や治療について =
東京女子医科大学 東医療センター内科 講師 佐藤 恭子 先生

免疫のしくみからみた自律神経症状 = 起立不耐を中心に =
熊本大学 神経内科 中根 俊成 先生

慢性疲労症候群と起立不耐症 = 最新の研究からのパラダイムシフトも含めて =
ミワ内科クリニック 院長 三羽 邦久 先生

 診察を受けるときのヒント
POTS and Dysautonomia Japan より

患者・家族の声を募集:行政の人に伝えたいこと
NPO 法人 起立不耐症と起立性調節障害の会より

・質疑応答/閉会あいさつ


参加費:無料
定員:100名


【お申込】

事前お申込制です。こちらからお申込をお願いします。
https://eventregist.com/e/oi2018_2nd


主催:POTS and Dysautonomia Japan
http://potsanddysautonomiajapan.org

共催:NPO法人 起立性調節障害の会
https://www.odpaj.com

協力:株式会社NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/

お問い合わせ:起立不耐症 医療講演会 2018 事務局
oi2018.info@gmail.com
*患者が対応しているため返信にお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

その他:バリアフリー対応が必要な方はお申込後すみやかに事務局までお知らせをお願い申し上げます。


起立不耐症 医療講演会 2018上映会 チラシ(PDF)